手形割引の日栄倉庫株式会社

トピックス『目先の金利差』

1週間後に現金が必要なお客様が、ある手形割引業者に「本日中に手形割引 されるのであれば、金利を0.5%安くします。」と言われ、金利が安く なるのであれば早めに割引をしておいた方が得だと思い、手形割引をされたと いうお話を聞いた。 果たして本当でしょうか。手形割引料をちょっと計算してみましょう。

本日割引した場合(支払期日までの日数67日) の手形割引
3,000,000円 x 8.0% x 67日 ÷ 365日 = 44,055円
1週間後に割引した場合(支払期日までの日数60日)の手形割引料
3,000,000円 x 8.5% x 60日 ÷ 365日 = 41,918円
差額 +2,137円を多く支払ったことになる。

皆さんは、手形割引による支払利息が、金利 × 期日で計算されることを良くご存知だと思います。 手形割引業の営業マンが、自分のノルマ達成の為に月末などによくこの様 な営業手法を使っているという事を聞きます。
  皆様もあわてず、ゆっくり 計算をした上で手形割引をされると良いと思います。

社内情報システムに約50万社の企業情報を保有・随時更新。半世紀以上の業歴と豊富なノウハウでお客様の手形割引にお応えいたします。
日栄倉庫株式会社手形割引申込サイトQRコード
アクセスはQRコード又はスマホメールにアドレスを送る